「やねいろは」が 日本屋根経済新聞(2019年10月28日付)に 取り上げられました

「やねいろは」が
日本屋根経済新聞(2019年10月28日付)に 取り上げられました!

「やねいろは」を運営する白神商事株式会社と屋根点検アプリ「Terra Roofer」を開発したテラドローン株式会社(東京都渋谷区)が共同でボランティアの一環として台風15号により被災した千葉県3市(千葉市、鴨川市、君津市)で、住宅の無料屋根点検および写真撮影を実施したことが取り上げられています。

日本屋根経済新聞様、
ありがとうございました!

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

 

白神商事株式会社(やねいろは)、ドローン屋根点検で台風被災地を復興支援  屋根工事業が抱える問題解決を狙う

屋根工事店とエンドユーザーをつなぐポータルサイト「やねいろは」を運営する白神商事株式会社(本社:岡山県岡山市南区浦安南町579、代表取締役/白神康一郎)は、ドローン点検アプリ開発会社と共同で、台風15号・台風19号の被災地域でドローンを活用した屋根点検を行い、復興支援します。

 

内閣府の災害情報によると、台風15号での建物被害件数は42,000件以上、台風19号での建物被害件数は68,000件以上と広範囲かつ甚大な被害が出ており、復旧対応が急務となっています。建物被害の内訳は、倒壊、破損、浸水など被害内容やレベルも様々ですが、特に台風15号では屋根部分の損壊が多く発生しています。現在は、屋根工事店へ修理手配をしようとしても、「依頼を受けてもらえない」、「工事してもらえるのが、いつになるのかわからない」など、いわゆる「待ち」の状況が発生しており、屋根工事店側にとっても、なかなか思うように依頼を受けられない状況が続いています。

そこで、この状況を少しでも改善するために、屋根工事店とエンドユーザーをつなぐポータルサイト「やねいろは」を運営する白神商事株式会社は、ドローン点検アプリ開発会社と共同で、被災地においてドローンを活用した屋根点検を行い、屋根工事店が、工事実施へとスムーズに移行できるよう橋渡しを行います。

 

屋根点検とは、屋根工事店が工事前に実施する「現地調査」部分です。屋根職人が屋根にのぼって歩きながら確認をしていた時間が、ドローンを飛ばして上空から写真を撮影することで時間短縮でき、屋根点検自体を数分で実施することができます。これにより、「現地調査」でかかる時間を大幅に短縮化することが可能です。また、ドローン屋根点検は、屋根職人が点検時に急こう配の屋根から転落したり、劣化した屋根材の踏み抜きによる落下を未然に防ぐことや、ドローンで撮影した写真でお客様にも屋根状況を把握できるようになることで正確かつ透明性を確保した情報をお客様に提供できるなどのメリットもあります。

既に2019年9月27日には、ドローン点検アプリ「Terra Roofer」を開発するテラドローン株式会社と共同で、台風15号で被災した千葉県3市(千葉市、鴨川市、君津市)の戸建て住宅の屋根点検及び写真撮影を実施しました。

また、2019年11月には、ドローン屋根外装点検アプリ「Drone Roofer」を開発する株式会社CLUEと共同で、台風15号、19号で被災された地域でのドローン屋根点検を実施する予定です

今回、屋根工事店がなかなか工事依頼が受けられない理由の一つとして、屋根工事業界が抱える慢性的な問題にも関係があると考えています。人口減少や世帯総数の減少、屋根瓦に対するニーズ低下などを背景に、屋根工事店は年々減少し、職人の数が減り続けているという問題に屋根工事業界は現在直面しています。今回の台風15号、19号のような災害が起こった場合には、屋根修理工事に対して爆発的な需要が生まれる一方で、屋根職人の数は圧倒的に少なく、供給がほとんど間に合っていない状況にあるということが、容易に想像されます。

今回の被災地域にある屋根工事店は、数百店程度だと考えられますが、工事需要は修理規模の大小を問わず含めると数万件あると予想されます。工事期間は修理規模が小さいもので1~2日、修理規模が大きいもの(瓦の葺き替えなど)で2~3週間程度は必要となり、時間的な面からみても、一つの工事店が対応できる工事件数には限界があります。実際に「やねいろは」に登録している現地の屋根工事店からは「依頼があっても数年先まで工事依頼が受けられない」という声も聞いております。いかに効率よく工事を行っていけるかは今回のような災害時にはもちろん、職人の数が少なくなってきている現在、早急に解決を求められている問題だと考えられます。

今回、被災地でのドローンを活用した屋根点検を行うことで、災害復興支援を担うとともに、屋根工事店に向けては、ドローン活用した屋根点検を啓蒙することにもつながっていくと考えています。これにより、屋根工事業が慢性的に抱える問題解決に少しでも寄与できればと思います。「やねいろは」は引き続き、屋根工事店とエンドユーザーをつなぎ、「信頼できる屋根工事店に依頼したい」というニーズに応えていくため、あらゆる角度から力を尽くして参ります。

なお、「やねいろは」では、災害地域専用窓口を設け、屋根の破損にお困りの方からの相談を受け付けております。お困りの方は、以下の「専用相談フォーム」にてお問い合わせを受け付けてまいりますので、お気軽にご相談ください。

▼「やねいろは」災害地域専用相談フォームはこちら

 

また、屋根工事店の方で、ドローンを活用した屋根点検に興味がある方は、以下の問い合わせフォームより、お気軽にお問合せください。

▼ドローン屋根点検についてのお問い合わせはこちら

 

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

「やねいろは」が 新建ハウジング(2019年10月21日付)に 取り上げられました

「やねいろは」が
株式会社新建新聞社が運営するサイト、新建ハウジング(2019年10月21日付)に 取り上げられました!

「やねいろは」を運営する白神商事株式会社と屋根点検アプリ「Terra Roofer」を開発したテラドローン株式会社(東京都渋谷区)が共同で台風15号により被災した千葉県3市(千葉市、鴨川市、君津市)で、戸建て住宅の屋根点検と写真撮影を実施したことが取り上げられています。

テラドローン、白神商事と共同で被災した戸建て住宅の屋根点検・写真撮影を実施

新建ハウジング様、
ありがとうございました!

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

資金調達に関する記事が日刊工業新聞(2019年9月11日号)に掲載されました

資金調達に関する記事が日刊工業新聞(2019年9月11日号)に掲載されました!

日本政策金融公庫岡山支店が、エンドユーザーと屋根工事店とのマッチングサイト「やねいろは」を運営する白神商事に対し、中国銀行の運転資金と日本公庫の資本性ローン(新事業型)を組み合わせた協調融資を実施したことが取り上げられています。

「やねいろは」は引き続き、屋根工事店業者やエンドユーザー様の声に耳を傾け、両者をつなぐ役目を果たして参ります!

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

資金調達に関するニュースが日本政策金融公庫のHPに掲載されました

2019年8月30日に発表された資金調達に関するニュースが日本政策金融公庫のホームページに民間金融機関との連携事例として掲載されました。(2019年9月18日付)
職人とエンドユーザーのマッチングサイト「やねいろは」に取り組む白神商事株式会社に対し、中国銀行と日本公庫が連携支援を行い、協調融資を実施したことが紹介されています。

日本政策金融公庫 地域別(中国地方)での連携状況

「やねいろは」は引き続き、屋根工事店業者やエンドユーザー様の声に耳を傾け、両者をつなぐ役目を果たして参ります!

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

「やねいろは」に中国銀行と日本公庫が連携支援、 資本性ローンを含む借入での資金調達を実施

屋根工事店とエンドユーザーをつなぐポータルサイト「やねいろは」を運営する白神商事株式会社(本社:岡山県岡山市南区浦安南町、代表取締役/白神康一郎)は、令和元年8月30日、中国銀行(岡南支店)と日本政策金融公庫(略称:日本公庫)(岡山支店)から、資本性ローン25百万円を含む総額55百万円の協調融資を受けましたことをお知らせします。

 

白神商事株式会社は、創業71年の老舗の屋根材卸売業者で、各産地の屋根瓦を中心に幅広い屋根材を取り扱い、地域の住環境を支えてきました。このたび、資金支援を得て、屋根のリフォーム情報に特化したポータルサイト「やねいろは」サービスの事業を全国に本格始動させます。

 

屋根工事を必要とするエンドユーザーは、サイトを閲覧することで、掲載された工事店各店の概要だけでなく、屋根のプロが直接会って取材した「工事に対する想い」「過去の施工事例」「顧客からのクチコミ」などの情報を得ることができます。エンドユーザーと屋根工事店を直接マッチングさせることで、工事代金の低減、そして確かな診断結果に基づく質の高い屋根リフォームを提供します。
昨今の大雨・暴風雨などの災害により、日本での多くの地域が災害に対する復旧を急務としております。屋根に関する被害も少なくない状況です。災害後に現れる悪徳リフォーム業者により、依然として法外な金額で工事契約を締結させられるエンドユーザーが後を絶ちません。このような状況を改善するためにも、全国の屋根工事店と連携を取り、災害後にもエキスパートたる屋根職人達が適正価格での質の高い屋根工事を提供することで社会をより良いものにしていきたいと考えております。

 

2016年の岡山県での本サービス開始時は掲載工事店5店から始まりましたが、現在では170社の工事店の取材記事を掲載するに至りました(2019年8月30日時点)。関東圏、関西圏と掲載範囲を広げており、将来的には日本全国を網羅するネットワークを築いていく方針です。

 

なお、今回の支援は、本新事業の拡大に必要な運転資金を供給するもので、中国銀行の運転資金と日本公庫の資本性ローン(新事業型)を組み合わせた協調融資となります。

 

「やねいろは」は、今回の金融機関からの資金支援を得て、屋根工事店とエンドユーザーをつなぐために
あらゆる角度から力を尽くし、さらなる事業展開を図っていきます。

 

「やねいろは」が 日本屋根経済新聞(2019年7月8日号)に 取り上げられました

「やねいろは」が
日本屋根経済新聞(2019年7月8日号)に取り上げられました!

ドローン屋根点検サービス「Terra Roofer」の販売代理店契約締結について掲載していただきました!
今後「やねいろは」は「DroneRoofer」と「Terra Roofer」という2つのサービスが提案可能となります。

安全・迅速・正確な屋根点検のためにぜひドローンをご活用ください!

日本屋根経済新聞様、
ありがとうございました!

・やねいろは
https://yaneiroha.com/

屋根工事店へドローン活用を推進。白神商事(やねいろは)、 ドローンを使用した屋根点検サービスを追加しました!

2016年の開設から4年目を迎え、地元岡山県をはじめとし、関東・東北の屋根工事店様にもやねいろはをご活用いただけるようになり、その登録件数は120件を突破いたしました。

屋根工事対応地域の増加に伴い、屋根工事依頼件数も増加しております。
サービスを提供していく中で、屋根工事店からは「工事の依頼があっても、工事現場が狭すぎるため、点検用の足場を組むことができない」「屋根の劣化が激しい上にこう配(ばい)が急で、のぼるのが危険」「人手が足りないため、依頼があっても点検調査ができない」といった声をよく聞くようになりました。
このような悩みに対する解決策として、人が屋根に上らず点検ができるドローンを使用した屋根点検サービス「Terra Roofer」を屋根工事店様へ導入の推奨をしていく運びとなりました。

昨今は、台風や豪雨、地震などの自然災害が増え、屋根点検の需要が高まっています。
一方で、屋根工事店業者の数は減少し、需要に対して供給が追い付いてない現状があります。
点検時間の短縮という側面でも効果のある「Terra Roofer」を屋根工事店様は導入することで、お施主様のお困りごとに迅速に対応できることが期待出来ます。

これに伴い、やねいろはではドローン屋根点検において工事店へ「DroneRoofer」と「Terra Roofer」という2つのサービスが提案可能となり、業界全体のドローン活用をさらに盛り上げ推進することができると考えております。

今後は、安全・迅速・正確な屋根点検ができるように、やねいろは登録工事店様へドローンを使用した2つの屋根点検サービスの導入のご案内をさせて頂きます。

「やねいろは」は引き続き、屋根工事店とエンドユーザーをつなぎ、「信頼できる屋根工事店に依頼したい」というニーズに応えていくため、あらゆる角度から力を尽くして参ります。

当社社長がラジオ出演いたします

RSKラジオの番組「せとうち企業セレクション2019」4月21日(日)放送回に当社の社長である白神が出演いたします。
午前8時~8時30分の放送です。(再放送4月22日(月):午後7時~7時30分)

ぜひお聴きください!

せとうち企業セレクション2019

今後ともよろしくお願いいたします。

 

「やねいろは」にて「第30回技能グランプリ2019(かわらぶき部門)」の開催レポートを公開しました!

「やねいろは」を運営する白神商事株式会社は、日本一の屋根瓦職人を決める
「第30回技能グランプリ2019(かわらぶき部門)」に協賛しています。
この度、全国から選ばれた瓦葺き師たちが一堂に会し、熱き戦いを繰り広げた本大会の開催レポートを
「やねいろは」にて公開いたしました。
ぜひ、ご覧ください!

 

▼前半はこちら
第30回技能グランプリ2019(かわらぶき部門)に行ってきました!観戦レポート(前半)

▼後半はこちら
第30回技能グランプリ2019(かわらぶき部門)に行ってきました!観戦レポート(後半)